出会い系利用者を地域別に見てみると

出会い系サイトやネットの情報を元に地域別利用者の数を調べてみました。 どの地域でも過疎化が進んでいる場所はあまりありませんでした。 女性の数が少なければ男性の数も少なくなる傾向にありますので 男女比のバランスはどこも似たような感じでした。会うことに関しては大都市も地方都市もそれほど差がないように思えます。

さすがに全部の出会い系サイトで調べることは不可能なので 人気の高いハッピーメールで調べてみました。

北海道

北海道は札幌を中心に利用者が多いです。 札幌への一極集中で他の都市で見ると函館、旭川が次点でしょうか。

東北地方

宮城県仙台市の利用者が群を抜いています。そのほかには青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島と どの地域もバランスよく男女共々賑わっていました。

関東地方

関東は東京全般、神奈川は横浜、川崎と盛り上がっています。 さいたま、千葉も良い感じです。相模原、宇都宮、船橋らへんや 他の関東地方も盛り上がっています。

中部地方

愛知県名古屋市は別格として、新潟、浜松、静岡は大変賑わっています。 金沢、富山、豊田、岐阜、豊橋、長野、岡崎が次に続く感じです。

近畿関西地方

関西は大坂、神戸、京都、堺を筆頭に、姫路、東大阪、西宮などの中核都市が賑わっていました。 大坂の特徴として、面積が狭いため大阪市一辺倒ではなく、大坂府として盛り上がっていました。

中国四国地方

広島を筆頭に、岡山、松山、倉敷、福山、高松、高知と続きます。 中国四国地方の特徴は地元コミュニティが盛んに思われました。 大坂府とは反対な感じですね。

九州沖縄地方

福岡、北九州を中心に、熊本、鹿児島、大分、長崎、宮崎、久留米と続きます。 北海道みたく面積が広いですが、バランスよくどの地域も盛り上がっていました。

地域別出会い系サイトの感想

自分の中では人口の多さに比例して出会える確立も変わってくるかと思っていましたが 人口の多い地域とそうではない地域の差は女性選択の幅が狭くなる程度で 出会える確率の差はほとんど感じられませんでした。

人口が100万を超えているような大都市のメリットは女性数が多いので自分好みを吟味して選べることだと思います。

人口10万にいかない都市に住んでいる方は遊ぶ出会い系サイトによって女子の書き込みがまったくないということがあります。女子が0のところでいくら遊んでも出会える率は0パーセントですので注意してくださいね。

自分の住んでいる地域は女性数が多いのか?まずは無料会員登録をして無料ポイントで判断するのがいいかなと思います。これなら出会えなくても無料で遊んでいるのでデメリットはありません。

無料出会い系サイトで遊んでも99%は出逢えないので注意してくださいね。

最終更新日:2014年8月13日

関連ページ

このページの先頭へ